公民先生の雑談。

授業がすきです。どこかで何かの先生をやっています。

「井の中の蛙」は幸せか。ぼくは幸せだと思う。

「胃の中の蛙」

f:id:odori1242ann:20170125001506j:image

 

あぁ、誤植。

これじゃ某○○大学の飲みサーの人が自慢げに語った

「罰ゲームで焼酎の中を泳ぐカエルを焼酎ごと丸呑みした」話になってしまう。

なんなんだ、あの話。

そもそもなんで自慢げなんだ。

動物愛護団体に告げ口するぞ。

 

 

 

 

 ①導入

 

井の中の蛙

はい、聞いたことありますね。

正しい意味とかは⇩これで確認してください。

 

kotowaza-allguide.com

 

井の中の蛙大海を知らず

【読み】 いのなかのかわずたいかいをしらず
【意味】 井の中の蛙大海を知らずとは、知識、見聞が狭いことのたとえ。また、それにとらわれて広い世界があることに気づかず、得意になっている人のこと。

 

ですって。

 

「知識、見聞が狭いことのたとえ。また、それにとらわれて広い世界があることに気づかず、得意になっている人のこと。」

 

 

 

 

 

②おもうこと

 

これ、むしろ現代人が求めている姿なんじゃないかなって、思うんですよ。

例えば、、

 

「今は満ち足りている。幸せだ」

             ↓

   胡散臭い人『不労所得のネットビジネスで年収5000万です。(高級車デ――ン)』

             ↓

「なんで僕はあくせく働いて、こんな生活なんだ。ふざけんな!!」

 

 

「それなりに友人と遊んで、毎日それなりに暮らして楽しい。」

             ↓

     SNS『海外旅行行った!!みんなでディズニー!!充実!!幸せ!!』

             ↓

 「ぼくだけ、そんな充実した毎日を送っていない、、死にたい、、。」

 

 

 

どうでしょうか。経験ありませんか?

私はありまくります

 

さて、考えてみましょう。

 

 

 

 

③結論1

 

そもそも、、、最初っから井の中にいれば、幸せなんじゃないの?

と、思ったわけです。

 

他人の繕ったクソ幸せ展覧会こと インスタグラムやフェイスブックをみてると、

こう、胃の中がグツグツしちゃうわけです。

(うらやましい、、)(ねたましい、、)

だから、いわゆるSNS疲れってのも、よくわかります。

 

少し前に「ぼくも幸せ♡」みたいな投稿をしてみたんですよ。すると、、

不思議ふしぎ、、なんか、こう、、満たされたんです。すこし。

きっと、内心には(見たかオラ!おれは幸せだぞ!!羨め!!羨め!!!)

という気持ちがあったんだと思います。

 

最近はそんなSNS投稿を見ても悟りの境地だかなんだか知りませんが、投稿する気も薄れ、何も思わなくなりました。

 

 

 

kotobank.jp

 

「他人指向型」という言葉、ご存知ですか?正確な情報は上をどうぞ。

 

つまり、今回の話に落とし込むと、現代人にとっての幸せは「他人基準」なんです。

「他人に幸せだと判断されること」が「幸せ」なんです。

「うらやましい~♡」って思われるのが「幸せ」かどうかの基準なんです。

 

他人から見たしあわせが、わたしのしあわせ。

 

 

ん〜〜〜〜「自分にとって幸せ」が「幸せ」

だといいなぁ。

って思うんだけど、なんだか、

 

「幸せだと思われる」ことに必死じゃないかなぁ、、、どうかなぁ、、、。

 

 

④結論2

 

 

長くなりました。

 

だから、意味は違うでしょうけど、

 

現代社会では、

他人の幸せを見せつけられるくらいだったら、

何も見ないほうが幸せかもしれない。

 

 

カエルさんは、

外の世界や海を見て、今までの世界が極小だと知るくらいだったら、

井戸の中が、幸せだと満ち足りてる方が幸せかもしれない。

 

 

 

 

とか考えたわけです。

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

以上です。

ありがとうございました。