読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公民先生の雑談。

授業がすきです。どこかで何かの先生をやっています。

「授業中に寝る」のは生徒が悪いのか。

教育とか

f:id:odori1242ann:20160830170154j:image

 

 高校で授業をしていて、うつ伏せになって倒れている生徒がいる。彼ら彼女らは体調が悪いわけではない。おねんねしているだけだ。公立高校の授業では必ずと言っていいほど「寝る」生徒を授業中の教室内で見ることができる。

 

 

寝ている生徒には右ストレートをお見舞いしたやりたいのだが、翌日のYahooトピックスに載るのは御免なので「ぐっもーーーにん中島(偽名)くん。ところで君はどう思う?」と無理やりに話を振る。

 

パニックになる中島。

 

ぼく「だから、どう思う?」

 

責め立てるように聞く私。そこに慈悲はなく「何がですか?」という質問は私の耳には届かず、横の席の友人に「何の事?」と聞いても答えてはくれない。

教室全体が唐突に聞かれた答えのない質問をニヤニヤと、中島の答えを待っている。

 

中島「ドーナッツはおいしいと思います」

ぼく「何を言ってるんだ君は」

 

 

 

 

これで教室内は笑えるから、楽なものです。もちろん、この間なごやかなムードで進んでますので、殺伐とした感じも、中島君を心から馬鹿にするような雰囲気はありません。

 

冒頭には右ストレートをお見舞いしたいと書きましたが、正直そうは思いません。私は「申し訳ないな」と思います。寝るようなつまらない授業をしてしまった。申し訳ない。こんな気分です。

 

 

思い返せば、私が高校生の頃は「つまらない」「わからない」「やくにたたない(どう役に立つのか理解できない)」授業のオンパレードで、一番役に立つし覚えてる授業は保険の先生が叫んだ

「いいか、ゴムだけはつけろ!」

だけですからね。あれは男女混合の全員思春期のクラスじゃとんでもない空気になった。

 

多くの授業は寝るか、横の友達と堂々とコソコソと最後の一枚になったら「ウノ!」って叫びながらカードを捨てるゲームに勤しんでましたからね。だから私が「寝るな」とも言えないし「スマホをいじるな」とも言えないわけですよ。

 

自分の納得する形で授業中の睡眠と戦う手段はただ一つ。「おもしろい」「わかる」「やくにたつ」授業をするだけだと思います。だから日々、それにむけて授業をするだけです。もちろんまだまだその達成には程遠いですが。

 

 

だから個人的には寝てると怒る先生がいますが、そこはなんか違うんじゃないかなと思うんです。たしかに生徒が寝てると寂しい気持ちにはなりますが。自分の実力不足と「まあ仕方ない」って思えばいいんじゃないかなと。私は思います。

 

あくまで個人の意見ですが、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする